[v6プラス][IPv6] IPv4 PPPoEにv6プラスを共存させる(@nifty with ドコモ光) 契約・導入の巻


@niftyとv6プラスの契約

前の記事のつづき・・・

とりあえず、v6プラスへの申し込みを行おうとすると、「既に契約されている~」が出てきてできない。どうやら、「IPv6接続オプション」にすでに申し込んでいたらしい。まずこれを解除する(一日かかる)。更にv6プラスを申し込もうとしたら、申し込み画面で・・・・

固定電話の番号を入力しろ、もし電話がなければ市内局番まで入力しろ

光電話も契約してないので、持ってない・・・市外局番ならわかるが、市内局番はしらん!!@niftyサポートへ電話。電話契約がない契約者は市内局番をどう調べればよいかを尋ねると・・・

「電話番号を持ってないのはおかしい」から始まり、「ホームゲートウエイ(HGW)がないとv6プラスは使えない」

とまで言ってきた。「光電話は契約してなく、v6プラス対応ルーター購入予定です」と再三、伝えると・・・

「v6プラス対応ルーター設置してからじゃないとだめです」とかトンチンカンな回答・・・。

「設置する前でも設置してからでも市内局番は入力しないとダメみたいですし、v6プラス申し込んでIPv6サービスになっても30日はv6プラス待機状態になりますよね?」

調べてきます。。。と、しばらく待たされ・・・

「近所の店の市内局番入れといてください」とのこと・・・なんだそれ・・・。

あと、VoIPサービス(niftyフォン-C)は、あらかじめ解約してくださいとのこと。これが契約されたままだと、v6プラスの申し込みをしても、IPv6接続サービスになってしまうらしい。

ちょっと、ここで食い下がってみた。(上のやりとりとは別な人に)IPv6 PoE + IPv4 over IPv6とIPv4 PPPoEのデュアルスタックでの運用のことを話して、「IPv4 PPPoEのほうでVoIPサービスは利用可能では?」と聞いてみた。回答は「技術的には可能ですが、そもそもデュアルスタックでの運用は@niftyは想定しておらず、サポート外。また、v6プラスの契約上、niftyフォンとの同時契約はできない規則」とのこと。予想通りの答えで、同時契約できない以上仕方がないのであきらめた。これが出来れば、niftyは文句なしのプロバイダだった(笑)。

というわけで、VoIPサービスを解約しv6プラスを申し込んだ。FAXはお蔵入りとなり、VoIPアダプタはホームネットワークから外されることが決定した。


既存ネットワークへの追加

既存のネットワークは、こんな感じ。

どれをIPv4 PPPoEで接続するべき機器はNAS1、NAS2、録画サーバーである。他の機器は無線接続も含めてv6プラスで接続してほしい。つまり、デフォルトゲートウエイをv6プラス対応ルーターにすればいい。具体的には、DHCPサーバー機能機能をv6プラスルーターでON、AtermWG1800のDHCPサーバー機能をOFFにする。そして、IPv4 PPPoEで接続する機器は基本固定IPにして、各機器のデフォルトゲートウエイをAtermWG1800のIPアドレスとする。図にすると・・・

ONUからはハブで分けて2台のルーターに接続し、ルーターにIPアドレスを振りなおして、同一セグメントとすれば、NASやプリンタにはアクセスできる。NECのルーターには192.168.10.200(192.168.10.1以外であればいい)、IOデータルーターには192.168.10.1を割り当てている。別に、NECルーターを192.168.10.1のままにして、IOデータのルーターを192.168.10.200にしても問題ないと思うが、DHCPがONのサーバーが192.168.10.1の方がいいかな的な・・・。まぁごちゃごちゃにならなければいいと思う。

この構成は、下記のサイトの受け売りだけど、違うのは牛ルーターを使わずに、PPPoEパススルーではなくONUからハブ分割している点。既存のDHCPによる割り当て機器の変更は一切せずに、DCHP切り替えでv6プラスに接続した点。下記サイトは、とても参考になったので大感謝!!。

はやくNECでv6プラス対応ルーター出してくれないかな・・・。唯一、私がルーターで信頼できるメーカーなので・・・。


ipv4 PPPoE機器の設定とv6プラスでの接続確認

まだ、開通完了のメールが来る前にサクサクと設置して、ルーターの電源を入れたら

いきなり接続できたので、既存ネットワークにつなげる前に有線でチェックし、設定を終わらせた。無事に、NAS、録画鯖、エアコンは外部から参照できて、その他の機器はv6プラスで接続できるようになった。ちなみに、速度は、ほぼ安定して上り下りともに100Mbps以上(画像は夜10時ころ)で接続できており、Pingは遅いのは気に入らないが・・・おおむね改善という結果となった。

One thought on “[v6プラス][IPv6] IPv4 PPPoEにv6プラスを共存させる(@nifty with ドコモ光) 契約・導入の巻

Comments are closed.